タイレノールは働く女性の強い味方《タイレノール》

身体があまり丈夫なほうではないので、風邪を引くと長引いてしまったり、仕事が忙しい時期には疲れがなかなか取れず、熱が出てしまうこともあります。

病院で何種類もの薬を処方してもらうと、数日でよくなるということが多いので、できるだけ早めに病院に行くようにしているのですが、病院で出してもらう薬は効果が強いせいか、続けて飲んでいると尿や汗までも薬臭いような気がしてしまいます。

あきらかに感染症やウィルスにかかっている、というとき以外はなるべく薬を身体に通さないようにしていて、胃痛などのときも漢方薬を使うようにしています。

また、10代の頃から肩こりがひどく、会社勤めをするようになってからは、長時間のデスクワークで頭痛にも悩まされるようになりました。
それまで具合が良くないときでも頭が痛いということは少なかったので、頭痛薬を使った経験がほとんどありませんでした。
病院や歯医者でもらった解熱鎮痛剤が家に残っていることもあるのですが、あまり強い薬に頼りたくないという気持ちもあり、頭痛がつらいときはいつもタイレノールを飲むようにしています。

タイレノールは、主にドラッグストアで買います。
空腹でも飲めて胃にやさしいというところが一番気に入っていて、仕事中急に頭が痛いときなど、午前午後を問わず、食事の時間などを気にせずにすぐ飲めるのが便利です。

私はタイレノールを家に1箱、職場のデスクに1箱置いています。
頭が痛いな、と思ったときにすぐ飲めて、しかも飲んですぐに効果があるので、仕事が忙しく手が離せないとき、休みをとれないようなときにも頼りになります。

また、女性が多い職場なので、仕事中に同僚が頭痛薬を探している、ということも珍しくありません。
他人に薬を勧めるのに、強すぎる薬は抵抗がありますが、タイレノールはしっかりと効き目がありながら気軽に飲めるやさしさもあるので、頭痛薬を求められたときは抵抗なく、すすんで分けてあげるようにしています。

【注意】こちらの体験談の内容は個人の感想です。薬の内容を保証するものではありません

関連情報

  • 安全に作業するために役立つ眠くならない頭痛薬
サブコンテンツ

このページの先頭へ